余市蒸留所

概要。場所とか。

歴史


製造方法

竹鶴政孝が学んだロングモーン蒸溜所と同様のポットスチル形状、加熱方式を導入している。
  • ポットスチルは「ストレートヘッド型」で、胴体部分に膨らみがなく上部のラインアームは下向き。この形状では、重厚でコクのあるモルトが生まれるとされる。
  • 創業当時から火をゆっくりと焚きながら蒸溜する「石炭直火蒸溜」により、香り高く力強いモルトを生み出す。熟練職人が温度が上がりすぎぬよう石炭をくべ続け、燃えカスを取り出し続ける。

その他


確認事項


参考URL


  • 最終更新:2017-09-28 13:55:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード