宮城峡蒸留所

概要。場所とか。

歴史


製造方法

  • ポットスチルは「バルジ型(ボール型)」で、胴体部分に膨らみを持つ。上部のラインアームは上向き。この形状では、一般的に軽やかでスムースなモルトが生まれるとされる。
  • 蒸気を使った「スチーム間接蒸溜」により、華やかな香りのモルトを生み出す。ポットスチルの底と釜の内部にめぐらせたパイプにスチームを通し、余市蒸留所の「石炭直火蒸溜」より低温の約130℃でじっくりと蒸溜する。

  • グレーンウイスキーの製造として1963年に「カフェ式連続式蒸溜機」を英国より導入、翌1964年から本格創業を開始。
柔らかくも厚みのあるほのかな甘い味わいを持ち「カフェグレーン」と称して、他のグレーンウイスキーと一線を画している。
モルト同士の個性を調和させるとともに、柔らかく、まろやかな余韻をブレンデッドウイスキーに残す。


その他


確認事項


参考URL


  • 最終更新:2017-09-29 10:38:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード